ラキシマンスビンゴールド

ラキシマンスビンゴールド

インドは北から南に向かうほど、繊維が長い綿花が栽培されています。
ラキシマンさんの綿花は主にインドの最南端に位置するタミールナドゥ州で栽培されています。
タミールナドゥ州は東西両方のモンスーンの恵みを受け、インド綿の中の最上級品種スビンの栽培を可能にしています。
スビンは通常の綿花より1ヶ月半以上栽培期間が長く、面積あたりの収穫が少ない手間のかかる綿花です。(一度栽培を止めてしまったスビン農家さんはニ度とスビンを栽培されないそうです。)そうして収穫された綿花はシルクの様な光沢があり、私たちが扱う世界中の綿花の中で最も長く、最も細くしなやかです。素晴らしい綿花を提供してくださる生産者に感謝し、その綿花を傷つけないようにゆっくりと丁寧に糸にして、その価値をそのまま伝えることが紡績の役目だと、私たちは考えています。

インドは北から南に向かうほど、繊維が長い綿花が栽培されています。
ラキシマンさんの綿花は主にインドの最南端に位置するタミールナドゥ州で栽培されています。
タミールナドゥ州は東西両方のモンスーンの恵みを受け、インド綿の中の最上級品種スビンの栽培を可能にしています。
スビンは通常の綿花より1ヶ月半以上栽培期間が長く、面積あたりの収穫が少ない手間のかかる綿花です。(一度栽培を止めてしまったスビン農家さんはニ度とスビンを栽培されないそうです。)そうして収穫された綿花はシルクの様な光沢があり、私たちが扱う世界中の綿花の中で最も長く、最も細くしなやかです。素晴らしい綿花を提供してくださる生産者に感謝し、その綿花を傷つけないようにゆっくりと丁寧に糸にして、その価値をそのまま伝えることが紡績の役目だと、私たちは考えています。